ダイエットに効果的な格闘技エクササイズ。ボクシングなどの動きで脂肪を燃焼するプログラム ― BRAFT(ブラフト)

BRAFT

BRAFT公式サイト トップ運営部ブログ > バックナンバー
tit_menu_manager.gif
<< 2008年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ご意見募集!

Space.gif

tit_menu_link.gif

ブログ内検索

最近の記事

posted by BRAFT運営部 at 2008-12-07 14:03

前回に続き、キックボクシングの話題になってしまいますが…。


先週の日曜日、友人のキックボクシングの試合に行ってきました。
なんと、チャンピオンを決める試合、タイトルマッチです(^^)


1Rはお互い様子をうかがう静かな立ち上がり。
手数が少ない中にも、すごい緊張感。

2Rに試合が動く。
なんと、相手選手のパンチ(右フック)を貰ってダウンしてしまう!
なんとか、そのRは持ちこたえましたが、劣勢に立たされピンチ!(´Д`)

しかし、3Rに劇的な結末。
相手選手がローキックを蹴ってガードが下がったところに、
バック回転肘(体を一回転させてのエルボーです)が炸裂!

今度は相手がダウン!
そのままレフェリーが試合をストップ!

見事に大逆転のKO勝利でチャンピオンに輝きました(^O^)/

いや〜嬉しかったですよぉ。
つい叫んじゃいました(^.^;)



彼は昔のキックジム仲間なのですが、
4年半前にプロデビューしてから今回23戦目で勝ち取った栄光です。

そのうち21試合は会場へ応援しに行ってるのもあり、
すごく思い入れがありました。

ただ、それ以外にも思い入れがある理由があるんですよ。


彼は現在でこそチャンピオンですが、デビュー間もない頃には
泥沼の4連敗(うち3試合はKO負け)を味わったりもしました。

「すみません。今回も負けちゃいました」
と言われるたび、どう励ましてあげればいいのかも分からず、
「いつかチャンピオンになって
(チャンピオン)ベルトを巻くのを期待してるぞ!」
と声をかけるくらいしかできませんでした。

しかし、その頃の彼の実力からしたらチャンピオンなんて夢のまた夢。
非現実的な話でした。


その後、彼は何度もタイに渡り、
本場ムエタイ(キックボクシングの起源)ジムで練習を重ねました。


ところが、そんな時に不運な出来事が。

試合で貰ったパンチのダメージで
網膜剥離という目の病気になってしまったのです。

このままキックを続けた場合、最悪は失明することもある病気。
それは引退の危機を意味するものでした。

しかし、手術を乗り越えカムバック(>_<)

カムバック後はパンチの恐怖心からか3連敗するも、
そこからは徐々に勝ち星を重ね、
1年半前、ついに念願のタイトルマッチをするまでになりました。

ところが、その初タイトルマッチで敗戦…。

それでも彼は挑戦し続け、
11月30日、再びチャンピオンになるチャンスがやって来ました。

そして、ついにチャンピオンベルトを巻きました。

試合後リング上のインタビューで、彼は泣いてました…(^^)

何度も立ちはだかった壁を乗り越えてのチャンピオンですから、
嬉しさも格別だったでしょう。

感動しました(T-T)
やっぱスポーツはいいですね…。



あれ?俺は何をしてるんだ!早く俺があのリングに上がらなければ(×.×)

すごく刺激を受けた1日でした。

念願のチャンピオンベルト!

最近のコメント

ストライクボクシングは「ミット」が命!!
⇒はまるかも・・・ (05/02)
⇒BRAFT運営部 (04/23)
⇒質問です (04/22)
⇒しばいぬ (04/20)
レポート!!
⇒運営部[T] (04/26)
⇒サンディ (04/24)
マーシャルコンボ解説します!
⇒小田洋輔 (04/23)
⇒ばこ (04/23)
和子コーチのBRAFT日誌
⇒大槻 和子 (04/19)
⇒りんちゃん (04/18)
運営部ブログ変更のお知らせ
⇒定位置キープ (04/18)
⇒大森 (04/14)
⇒高橋千佳 (04/03)
⇒みらい予想図 (04/02)
  • RSS1.0
  • RSS2.0

BRAFT公式サイトトップページへ

このページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。